銘柄

米国ETF【VGT】情報セクター 脅威の成長率 QQQとの比較

米国ETF 【VGT】 アイキャッチ画像
投資初心者
投資初心者
「VGTとはどんな銘柄?」
「QQQとどちらを選べばいいの?」

この記事では、こんなお悩みにお答えします。

この記事を書いているのは、

ケイさん
ケイさん
米国株投資経験3年の40代サラリーマン。中小企業診断士の他、証券外務員一種、FP2級の資格を保有しています。

この記事では、情報技術セクターETFであるVGTについてご案内します。

本記事の要約

・VGTの概要について説明します
・QQQなどとパフォーマンスを比較しています。
・配当実績や投資対象としての魅力を解説しています。




にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ
にほんブログ村

VGTとは

VGTとは
正式名称は「バンガード情報技術ETF(Vanguard Information Technology ETF)」

名前の通り、情報技術セクターに特化したETFです。米国の全11セクターの中で最も高成長なセクターが情報技術となっています。

GAFAMのうち、アップルとマイクロソフトが情報技術セクターですね。

アルファベット(グーグル)とフェイスブックは2018年に情報技術から通信セクター
に変更されています。アマゾンは一般消費財セクターになります。

VGTの概要 QQQとの比較

VGT概要

VGTの特徴について、ナスダック100指数に連動するETFであるQQQと比較
しながら見ていきましょう。

米国ETF 【QQQ】
米国ETF【QQQ】とは 構成銘柄や配当・株価推移について米国ETFの中でナスダック100指数に連動するQQQについて解説しています。VOOとの比較や分配金実績についてまとめています。...

信託設定日

VGTチャート
(TradingView HPより引用  VGT:オレンジ色、QQQ:青色)

VGTの信託設定日は2004年1月。約17年の運用実績があります。日本で人気のあるVOO(2010年)やVT(2008年)よりも歴史があります。

純資産もVT(約2兆2千億円)の2倍以上あり、十分な規模といえます。比較対象の
QQQは更に歴史もあり、純資産ではVGTを圧倒していますね。

信託設定日からの増減率を比べると、QQQをも上回る高いパフォーマンスであることが分かります。

構成銘柄数

QQQはナスダック100指数に連動するETFであり、約100銘柄で構成されています。一方のVGTは2021年7月時点で357銘柄あり、銘柄数はかなり多いETFであることが分かります。

上位銘柄

VGT上位銘柄 QQQ上位銘柄

次に上位銘柄を比較してみましょう。

どちらも1位がアップル、2位がマイクロソフトとなっていますが、シェアが大きくことなっていますね。

VGTはアップルとマイクロソフトの2銘柄だけで約37%と3分の1以上を占めています。上記の通り構成銘柄数は多いものの、十分に分散しているとはいえないので注意が必要です。

また、決済サービスのビザとマスターカードが上位に入っていることも、QQQとは異なる特徴ですね。

一方のQQQはGAFAMだけで約42%を占めています。情報技術セクターに分類されないアマゾンやフェイスブックなどが含まれている点がVGTと大きく異なるポイントです。

VGTのメリット

VGTの圧倒的なパフォーマンス

VGT5年比較チャート
(TradingView HPより引用  VGT:青色、QQQ:オレンジ色、VOO:緑色、VT:黄色)

過去5年間の増減を比較したチャートです。

高成長を続けているIT関連企業に特化しているだけあって、S&P500指数に連動するVOOや全世界株式に投資するVTと比べ、圧倒的に高いパフォーマンスです。

VTも5年で78%(年平均15%以上)と決して悪くない実績ですが、VGTと比べると見劣りしてしまいます。

VGTは5年で273%もの成長を遂げており、年平均で50%超と驚異的な成長となっています。

米国ETF【VOO】の特徴とおすすめする理由について米国高配当ETF【VOO】の特徴とおすすめの理由について、過去の実績をもとに解説しています。...
VTアイキャッチ画像
全世界に分散投資する米国ETF【VT】 特徴とおすすめの買い方全世界の株式に投資する米国ETF【VT】について、分散投資の特徴やパフォーマンス、おすすめの買い方について解説しています。...

配当推移

VGT分配金
次に年間の分配金について推移を見てみましょう。高成長銘柄が多く、増配に伴い分配金も着実に増加していることが分かります。

株価上昇ペースがそれ以上のため、分配金利回りとしては低く出てしまいます。この銘柄は利回りよりも分配金実績を見ていく方が実態がつかみやすいですね。

仮に2015年末から保有していたとすると、2020年の分配金利回りは約2.7%、2011年末から保有していた場合、なんと約4.7%にもなります。高配当ETFで人気のVYMやHDVと比べても遜色な水準ですね。

まとめ

まとめ
VGTの直近の急成長には驚かされますね。既にVGTを保有している方はうらやましい限りですが、これから投資すべきかどうかは悩ましいところです。

2021年7月時点では、テーパリングの議論がある中、これから金利引上げとなると、高PER株を多く含む「情報技術セクター」は短期的に株価下落の可能性があるためです。

私個人としては、残念ながらVGTを保有していないため、しばらくは様子見の方針です。短期的な株価動向やテーパリング、金利引上げの動向を見極めてから、VGTへの投資を始めようかと考えています。

ベストなタイミングを探ることは難しいので、定期的な積立投資が良いかもしれません。

AIやブロックチェーンなどの先進技術や新サービスの開発により、情報技術セクターは今後も高い成長が期待できます。キャピタルゲインとインカムゲインの両方が狙えることから、これからも注目していきたいETFです。

キャピタルゲインと インカムゲイン
キャピタルゲインとインカムゲイン メリット・デメリットについて米国ETF投資の基礎知識として、キャピタルゲインとインカムゲインについてメリット・デメリットを解説しています。...
米国雇用統計と FOMC声明
超重要!米国雇用統計とFOMC声明 2021年6月発表の内容とは米国株や米国ETF投資をする上で最重要な経済指標である雇用統計とFOMC声明についてまとめています。2021年6月の発表内容についても解説しています。...