銘柄

SPYDの2021年9月分配金はいつまでに購入すれば受け取れる?

SPYDの 2021年9月
投資初心者
投資初心者
「ETFの分配金はいつまでに購入が必要?」
「9月のSPYDでは?」

この記事では、こんな疑問にお答えします。

この記事を書いているのは、

ケイさん
ケイさん
米国株投資経験3年の40代サラリーマン。中小企業診断士の他、証券外務員一種、FP2級の資格を保有しています。

この記事では、SPYDの分配金について解説します。

本記事の要約

・ETFの分配金について説明します
・2021年9月に分配金を受け取る方法を解説しています。




【DMM 株】口座開設
にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ
にほんブログ村

ETFの分配金とは

分配金

株式を保有していると、投資家は「配当金」を受け取ることができます。配当金とは、
企業が得た利益の一部を株主に還元するものです。

一方、ETFの場合、株式や債券などの利子・配当、値上がり益などを支払原資として
運用会社の判断で支払われるものを「分配金」と呼んでいます。

「配当金」と「分配金」は混同されやすいですが、厳密に言えば違いがあり、発行体により使い分けられています。

また投資信託とは違い、ETFでは元本の払い戻しに相当する分配金(特別分配金)は認められていません。そのため、利子や配当を生まない金やコモディティを投資対象とするETFは分配金を出していません。

いつ分配金がもらえるのか

米国ETFで日本で人気の銘柄の多くが、3月・6月・9月・12月の年4回分配金を出しています。銘柄によっては、年1回しか出さないものもあります。

ETFの分配金を受け取るためには、権利確定日の2営業日前までに銘柄を保有している必要があります。

決算日(権利確定日)から分配金が支払われるまでは約40日となっています。

SPYDとは

SPYDチャート
(Bloomberg HPより引用)

SPYDとはS&P500指数採用銘柄の中から、配当利回りの高い上位約80銘柄で構成されているETFです。

多くのETFが時価加重平均(時価の大きい銘柄のシェアが高い)であるのに対し、SPYDは80銘柄に均等投資していることが特徴です。

ボラティリティ(株価の変動率)が大きくなりやすいネックはありますが、4~5%前後と高い利回りが魅力の商品です。

詳細は過去記事をご参考にして下さい。

米国高配当ETF【SPYD】の特徴(2021年)米国高配当ETFの一つであるSPYDについて、商品概要や特徴についてVYMと比較し、まとめています。...
2021年6月米国ETF
2021年6月米国ETF【VYM】【HDV】【SPYD】分配金実績米国高配当ETFの分配金実績についてまとめています。VYM、HDV、SPYDの2021年6月実績を解説しています。分配金や株価推移を比較しながら、おすすめの投資方法も案内しました。...

いつまでに購入する必要があるか

分配スケジュール
(SPDR社 HPより引用)

それでは2021年9月の分配金を受け取るためには、いつまでに購入する必要があるのか確認してみましょう。

上記の通り、権利確定日の2営業日前となるため、

2021年9月16日(木)までに約定させることが必要

ちなみに各用語の意味は以下の通り

Ex Date    :配当権利落ち日
Record Date :配当権利確定日
Payable Date:支払日

配当権利確定日の前営業日が配当権利落ち日となります。配当権利落ち日の前日までに取得しておく必要があるため、権利確定日の2営業日前というわけです。

配当権利落ち日はこれまでも第3金曜日に集中しています。

ちなみに次回12月の配当権利落ち日は12/17(金)のため、12/16(木)までの約定が必要となります。

まとめ

まとめ

SPYDの現時点(9/1)の株価は40.34ドルとなっており、6月以降38~40ドル前後で横這いとなっています。

直近1年間の分配金は合計1.873ドルなので、9/1時点の株価で計算すると配当利回りは以下の通り。

配当利回り:1.873 ÷ 40.34 =4.64%

値上がり益というよりは、高配当が魅力のETFなので、9月の分配金を狙うのであれば、計画的に約定を行うようにしましょう。

キャピタルゲインと インカムゲイン
キャピタルゲインとインカムゲイン メリット・デメリットについて米国ETF投資の基礎知識として、キャピタルゲインとインカムゲインについてメリット・デメリットを解説しています。...