証券会社

LINE証券 投資初心者におすすめする理由 その特徴と評判は?

LINE証券 アイキャッチ画像

自己資金0円からの株式投資!投資初心者でも手軽に開始

スマホで
「投資初心者にとっての使いやすさ」にこだわり、2019年8月からサービスを開始している「LINE証券」。LINE証券は「表示がシンプルで、だれでも簡単に操作できる」、「スマホ取引に特化」など大手ネット証券とも異なる独自のサービスを提供しています。

今なら「最高3株分の購入代金がもらえる」キャンペーンも行われているため、自己資金0円から株取引を始めることができます。

LINE証券の申込はこちら
LINE証券

LINE証券が選ばれる3つの理由!

特徴

➤1株数百円から株取引ができ、手数料も安い

LINE証券は「単元未満株取引」に力を入れていることが特徴です。通常の現物株式は1単元(通常100株)単位での売買であり、数万から数十万かかることが普通です。LINE証券では1株から購入できる銘柄が豊富にあり、手数料も安いので手軽に始められます。
⇒手数料比較をチェック

初心者でも簡単に操作ができるシンプルなツール

LINE証券は初心者でも迷わず、簡単に操作ができるシンプルなデザインが特徴。スマホ利用に徹底的にこだわって設計されており、20代を中心に高い支持を集めています。
口コミをチェック

LINEと野村證券により生まれたユニークな証券会社

SNS国内大手のLINEグループによるITソリューションと国内証券最大手の野村證券グループによる豊富な金融ノウハウが融合。サービス開始から2年目ながら、初心者でも安心して取引をすることができます。

公式ページ

LINE証券の基本情報

LINE証券 基本情報
ケイさん
ケイさん
投資初心者や少額取引におすすめのスマホ証券です。口座開設はもちろん無料!その上、今ならキャンペーン特典で自己資金0円で株取引デビューができます。LINE証券

「いちかぶ」取引の手数料は?

1株から投資ができるLINE証券の「いちかぶ」サービス。「いちかぶ」(=単元未満株)の取引手数料は無料です。

ただし、「いちかぶ」は投資家が証券取引所ではなく、LINE証券との間で行う相対取引(OTC取引と呼びます)となります。

そのため、投資家が「いちかぶ」で購入する場合、証券取引所の価格にスプレッド(利ざや)が上乗せされた価格が提示されます。このスプレッド部分が事実上の手数料といえます。

スプレッドは銘柄のグループと取引時間帯により、下記の通り0.2%~1%と異なります。
時間帯スプレッド
(LINE証券 HPより引用)

例えば、グループAの株式を、平日14時に購入する場合

取引所の価格:1,500円
LINE証券:1,503円(0.2%上乗せ)

この場合、実質3円の購入手数料がかかっていることになります。

グループA~D 対象銘柄一覧はこちら

・グループA:大企業など約300銘柄、国内ETF15銘柄
・グループB:中堅企業など約500銘柄
・グループC:新興企業など約200銘柄
・グループD:上場してまもない新興企業など22銘柄

他のネット証券と手数料を比較

単元未満株を取り扱っている主なネット証券の中で、手数料を比較してみました。

会社名 取引手数料
LINE証券 スプレッド部分
日中取引     :0.2~0.5%
昼休み・夜間取引 :1.0%
SBI証券 0.55% (最低手数料:55円)
マネックス証券 0.55% (最低手数料:52円)
SBIネオモバイル証券 月額制
(月間取引高50万円以下:220円)
Tポイント還元⇒実質20円

手数料体系が異なるので、単純に比較することは難しいですね。

特に、SBIネオモバイル証券は月額制であり、月50万円まで手数料220円(税込)となっています。毎月Tポイントを200円分もらえるので、50万円までの取引であれば、実質20円の手数料負担です。

そのため、最安手数料は取引金額により下記の通り

月1万円までの取引⇒ LINE証券(グループA、日中取引の場合)
月1万円以上50万円以内⇒ SBIネオモバイル証券
月50万円以上⇒ SBI証券または楽天証券の現物株取引(*)

*月50万円以上の場合、通常は現物株での取引となるでしょう。SBI証券や楽天証券で100万円以下のプランを選べば、売買手数料0円となります。

少額での単元未満株(いちかぶ)取引であれば、手数料の面からもLINE証券がおすすめです。
公式ページ

SBIネオモバイル証券 口座開設

LINE証券のデメリット

デメリット

米国株式・米国ETFを取り扱っていない

LINE証券のデメリットについても考えてみましょう。

第1のデメリットは、「スマホで手軽に投資ができる」というコンセプトであるために、投資対象が限定されていることです。米国株式や当サイトでおすすめしている米国ETFが対象外となっています。

米国株式、米国ETFは、米ドルでの決済となるため為替リスクがあることや、二重課税問題もあるため、投資初心者にはややハードルが高いといえます。

また、当サイトでご紹介しており、長期資産形成におすすめしている米国ETFのVT(全世界株式)やVOO(S&P500指数連動)に対応する国内ETFや投資信託がLINE証券で購入することができます。

【全世界株式に分散投資】
・eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
【S&P500指数連動】
・iシェアーズ S&P500 米国株ETF(1655)
・eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

まずは円ベースで投資できるこれらの商品から始めてみてはいかがでしょうか

米国ETFとはアイキャッチ画像
米国ETFとは 国内ETFとの比較 メリット・デメリット米国ETFの特徴について解説しています。国内ETFとの違いやメリット・デメリットを分かりやすく説明しています。...
VTIアイキャッチ画像
米国ETF【VTI】の特徴 【VOO】や【楽天VTI】との比較米国ETFのVTIについて概要や特徴を開設しています。VOOや楽天VTIと比較しながら、分かりやすくまとめています。...

国内ETF・投資信託の取り扱い商品数が少ない

第2のデメリットは国内ETFや投資信託の取り扱い銘柄数が少ないことです。

ネット証券大手のSBI証券や楽天証券では、2,600本以上の投資信託と230銘柄以上の国内ETFを取り扱っています。LINE証券では投資信託29本、国内ETF46銘柄と大きな差といえます。

しかし、投資初心者や少額で手軽に投資を行いたい方にとって、この銘柄数の差はあまり問題とはならなさそうです。銘柄数が多すぎると、何を選べば良いか迷ってしまうためです。

LINE証券では、投資初心者におすすめできる銘柄に限定されているため、商品を迷わず選ぶことができることは逆にメリットと考えても良いでしょう。

まずはLINE証券で投資に慣れてから、次のステップとして別の証券会社を選ぶようにしてはいかがでしょうか。

LINE証券の口コミ

口コミ
「価格.com」などで紹介されているLINE証券の口コミを見てみましょう。
価格.COM 口コミより

主な口コミを見てみると、

・キャンペーンで3,000円分の株をもらえた
・1株で買える銘柄もそこそこあるので手軽に楽しめる
・タイムセールが頻繁に開催されていてお得感が強い
・スマホでいつでも簡単に投資できるのが良い
・LINEのアプリから証券ページに入れるのが魅力/p>

・ログインするたびにLINE通知がくる
・まだまだ取り扱い銘柄が多くない
・専用アプリがあった方が個人的には良かった

LINE証券のよくある質問

よくある質問

口座開設にかかる日数はどれくらいですか?

・かんたん本人確認(外部サイトでの本人確認)の場合
最短翌営業日に、公式アカウントからのメッセージにて口座開設完了のお知らせが届きます。混雑状況や審査の状況により、日数がかかることがあります。

私の場合は、申込をしてから2日後に口座が開設されました。

本人確認資料は何が必要?

「かんたん本人確認(外部サイトによる本人確認)」の場合
運転免許証または個人番号カード(顔写真付き)が必須

運転免許証の場合、以下の1)~3)いずれかの書類も必要です。
1)個人番号カード(顔写真付き)
2)マイナンバー通知カード
3)マイナンバー記載の住民票の写し

初株チャンスキャンペーンはいつまでに口座開設完了したら対象に?

キャンペーン終了までの間に口座開設が完了した方が対象です。2021年5月時点でキャンペーン終了日は未定です。終了日はLINE証券の公式アプリから告知されます。

タイムセールキャンペーンとは?

タイムセール実施日の17時から19時の間に、対象銘柄を3~7%OFFの割引価格で購入できるキャンペーンです。

PCやタブレット、ブラウザからでも取引することはできますか?

・PC・各種WEBブラウザ
⇒アクセスできます。LINEに登録しているメールアドレスとパスワードを使ってログインする方法です

・タブレット端末
⇒LINE証券の推奨環境外となります。

セキュリティについて

・LINE Payへの出金の際には、必ず暗証番号の入力が必要です。万一、LINEアカウントが乗っ取られたとしても暗証番号が第三者に漏洩しない限り、LINE Payへの送金や出金を行うことはできません。

公式ページ

投資初心者も少額から手軽に始めることができるLINE証券。LINEアプリから簡単にアクセスできます。チャートや購入画面は誰にでも分かりやすく、LINEならではのシンプルなデザイン。スマホと本人確認資料があれば、無料で始めることができます。今なら「クイズで3株もらえるキャンペーン」もあるので、自己資金0円から投資を始めることができます。LINE証券

LINE証券
にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ
にほんブログ村